【お知らせ】シャンプーの記事を移行してきました。元のブログはこちら。

プロフィール・ブログのこと

こんにちは。

当ブログ【シンプルスキン ラボ】を運営している、愛弓(あゆみ)です。

私は、花粉症・アレルギー・ストレス…いろんな影響で肌荒れが悪化し、メイクもスキンケアもできなくなった元コスメオタクです。

現在は、肌も荒れにくくなり、少しずつメイクも楽しめるようになってきました。


当ブログは、

その時々の私自身の肌や心に合ったメイク・コスメ(シャンプーも含む)を中心にして、『自分のとっての、自分だけのシンプルスキンって何だろう?』を考えていくブログです。


このページでは、私のプロフィールを少し紹介していきます。

よろしくお願いします。

肌荒れが悪化して皮膚科へ。少しずつメイクも楽しめるように…

私は、花粉症・アレルギー・ストレス…いろんな影響で肌荒れが悪化し、一時期はメイクもスキンケアもできなくなった、元コスメオタクです。

現在は、皮膚科で処方された薬も使いつつですが、少しずつメイクも楽しめるようになりました。


一時期は、どんな基礎化粧品も肌に合わず、メイクをすることもできなくなりました。

肌荒れで病院に行く人がいることも知っていましたが…

美容目的で薬をもらおうとする人たちの存在を知り、『私も同じように、本当に治療・薬が必要な人たちに迷惑をかけちゃうんじゃないかな?』と感じたり、

『肌荒れやスキンケアに悩んでる人はたくさんいるのに、私だけが病院に行くなんて甘えなんじゃないかな?』と思ったり、

病院に行くことに対して不安や罪悪感を感じ、なかなか病院には行くこともできなくて、なんとか自分で対処しようとしていました。


肌荒れはどんどん悪化し、外出時にはマスクが手放せなくなりました。

マスクで肌を隠しながら、心の中で『誰も気づかないで…』と祈りながら、毎日下を向いて存在感を消すように歩いていました。

誰かと目が合えば、『汚いと思われたんじゃないかな?』と不安になり、聞こえてくる話声や笑い声に、『私のことじゃないかな?』『肌が汚すぎて笑われたんじゃないかな?』と被害妄想でビクビクするような生活でした。

肌だけではなく、いろんなことに対して、どんどん自信がなくなってネガティブになっていきました。

肌荒れはさらに悪化し、目の周りも赤く、肌がボロボロになっていき…マスクをしても隠すことができない状態に…

だんだん外出するのが苦痛になり、ほとんど外出もせず、人にも合わないように部屋にこもるようになりました。


『このままじゃいけない。でも…』

肌が荒れれば荒れるほど、今度は、病院に行くのも恐くなりました。

お医者さんとはいえ、自分の肌を見せるのは恐かったし、「どうして病院に来なかったの?」と怒られたらいやだなと思ったり…

『もっと早く、病院に行けばよかったな…』と後悔しつつ、  年、やっとの思いで皮膚科に行きました。

「つらかったよね?」と先生に言われた瞬間、涙がこぼれそうになりました。外出したり、人に会うのが恐かったことということをやっと言葉にすることができました。

たった二言、三言の会話だったと思いますが…その時の私は、すごく心が救われたような気がしたんですよね。


処方された薬をぬるようになってからは、治ったり悪化したりを繰り返しながら、先生に相談しつつ、自分にあう使い方を考えてきました。

だんだんと肌が荒れにくくなり、少しずつメイクもできるようになってきました。

今では、肌が荒れにくいメイクと、自分の好きなメイクのバランスをとりつつ、メイクを楽しめるようになりました。

肌や容姿に自信はないけど、肌荒れに悩んだり、コスメが好きだから表現・共有したい。

学生時代の私は、かなりのメイクオタクだったんじゃないかなと思います。

時間があれば、百貨店などのコスメカウンターに行き、ロフト・東急ハンズ・プラザ・ドラックストアで化粧品ばかりを見て、本屋に行っては雑誌のメイク特集を読みあさって…

今になって考えてみると、

人に弱みを見せたり、本音を話すことが苦手だった私は、メイクを通じて、自分の心と向き合っていたんじゃないかなと思います。

メイクで自分の弱みを隠したり、モチベーションを上げたり、感情をコントロールしたり、癒されたり…新たな自分を発見してワクワクすることもありました。


だけど私は、コスメオタクだということをあまり人に言えませんでした。

自分の肌や容姿に自信がなかった私は、『そんなに肌が汚いのに?』『そんな外見で?』と思われてしまうのが恐くて…

自分を否定することのなさそうな仲のいい数人にしか、コスメオタクだと打ちあけることができませんでした。


正直なところ、今でもブログに肌・コスメのことを書くのは恐いです。

自分の存在が知られて、肌や容姿のことを悪く言われるのは恐いです。

『そんな肌で?』とか『そんな外見で?』と思われてしまうのが恐いです。

だから、今のところ、このブログで自分の写真を載せる予定はありません。

とはいえ、他のブログでは、顔を出したりもしています。

…だから、何かの拍子に、自分の容姿がバレて、『肌やコスメのブログを書いてるのに…?』なんて思われてしまうのが恐かったりもします。


それでも、『あの時の自分と同じように、肌荒れに悩んでる人がいるんだとしたら…そういう人たちのために、私にできることはないかな?』とも思います。


それに、どんなに肌が荒れていても、自分の肌・容姿に自信がなかったとしても、メイクすることって楽しんですよね。

自分の肌に合うものを見つけた時とか、メイクすることで、肌がパッと明るく見えたりとか…

この1年、やっとメイクできるようになって、いろんなコスメを試して…

(もちろん、自分に合うもの・合わないものってあるんですけど…)

何より、そうやってメイクできることが楽しかったんですよね。


毎日同じメイクをして、肌のあらを隠すことばかり考えるんじゃなくて…

『自分に合うのって、そんなメイク(コスメ)だろう?』『これを使ってみたらどうかな?』『こんな色はどうかな?』っていろんなメイクをできることが、楽しかったんですよね。


肌が荒れやすくて、以前ほどいろんなメイクを楽しめなくても…

自分の肌や容姿に自信がなくて、人からどう思われるかが恐かったとしても…

私はやっぱり、自分がどんなことを体験して、何を感じ考えてきたかを表現できるようになりたいし、同じ思いを持つ人や同じような感覚を楽しめる人がいたら、共有できたらいいなって。

だから、自分の肌のこと、コスメ・メイクのこと…そういうものを書いていきたいと思っています。

最後に…

ここまで、肌荒れが悪化した時のことと、メイクが好きなことを思い出し、『ブログを書きたい』と思ったことを書いてきました。

…このブログに関しての、私の簡単なプロフィールです。


こうやって文章にしてみたら、意外とあっさりしてるな~って。


肌荒れで初めて病院に行った時はステロイドを処方されて、『これを一生使い続けなきゃいけないのかな?』って不安になって、もう1度『自分で何とかしよう!』って頑張ったり…

ちょっと高価なスキンケア商品に手を出して、挫折して…

オーガニックのものや、成分の優しいものを使ってみたり、自分で手作りしてみたり…

『メイクしたい』『肌荒れを隠したい』って気持ちはあるのに、メイクするほど、どんどん汚い肌が目立ってショックを受けたり…

自分の心の中でなんとか折り合いをつけて、その時の自分にできる精いっぱいのメイクをしてたのに、『ちゃんと化粧をしないのは悪いことだ』って考えた人に、「もっとメイクをした方がいいよ」とか、「この若さでメイクをしなくなって、将来が心配だよ」って言われたり…好きな人に”もっとメイクすること”を促されたり…

『やりたい』のにできなくて、できないことを受け入れてるのに、誰かの一言で傷ついたり…


私の中にはいろんな思いがあって、悩んだこと・考えたこともあって…ここにはまだ書けてないことがたくさんあるから、少しづつ、このブログに書いていけたらいいなって思います。

お付き合いいただければ幸いです。

よろしくお願いします(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です