【お知らせ】シャンプーの記事を移行してきました。元のブログはこちら。

【ヘナ×香る髪】で、髪ににおいが残りにくくなったかも…

こんにちは、愛弓です。

先日、2回目のヘナトリートメントをし、『そろそろ、3回目のヘナをしなきゃな~』と思ってるところです。


個人的には、ヘナのリラクゼーション効果が1番好きなのですが…

ヘナを使うようになってから髪がパサつかなくなったり、ドライヤーで乾かす時間が短くなったりと、様々な変化も感じています。

『もう、これ以上ブログに書くことなんてないだろう…』と思っていたのですが…ありました!w


以前より、髪ににおいが残りにくくなってるみたいです!!

良くも悪くも、髪ににおいが残りやすかった

今になって考えりと、私は髪ににおいが残りやすいタイプだったんじゃないかな~と思います。

シャンプーの残り香で、『洗い流せてない?』と不安に…

初めて、髪のにおいの話をされたのは、たぶん高校1年生の時。

「前から思ってたんだけど、愛弓ちゃんって、髪からシャンプーのにおいするよね~」と女友達に言われたました。

言った後に、『変なこと言ったかも!』と焦った友達のテンパり具合を見ながら、『あ、いい意味で言ってくれてるんだな~』と感じました。

その時一緒にいた子は、「ちゃんと流せてないんじゃないの?」と言ってきたし、私自身も頭皮が荒れやすかったこともあって、『ちゃんと洗い流せてないからか…』と思ってたのですが…

今になって考えてみると、洗浄力の強いシャンプーを毎日使っても大丈夫なほど、私の肌(頭皮)は強くはなかっただけで…洗い流せてないとか、そういう問題じゃなかったんじゃないかなとも思います。

縮毛矯正をしたら、教室で異臭騒ぎが…

縮毛矯正に興味があったけど、お金がなくて美容院に行けなかった頃、自宅で縮毛矯正のキットを使ってみました。

翌日は休日だったのですが…それから数日間、私のクラスは異臭騒ぎみたいになって、毎日、窓を全開にしていました。

『ごめんなさい、私です。』ということもできず、高速で禁止されてるので縮毛矯正のことも言いにくく…ただただ、その場から消え去りほど、申し訳なさや恥ずかしさを感じていた記憶があります。

完全に、髪ににおいが残りやすい状態が悪い方向に走ったやつですね、はい。

髪の香りを褒められるようになって、”いい香り”に執着しはじめた

大学時代はヘアケアに興味を持ち始めたこともあり、いい香りがするシャンプー・トリートメントを選ぶようになりました。

そのおかげであってか、髪の香りを褒めてもらえることも多く、いろんな人に髪のにおいをかがれてた記憶があります。そして、シャンプーを聞かれることも多々ありました。

が、「同じシャンプーを買ってみたんだけど、ぜんぜん愛弓ちゃんみたいに香りが残らないよ!」と言われることもありました。

そんなことが何度もあるうちに、『もしかしたら、私の髪ってシャンプーの香りが残りやすいのかな?」と自覚していきました。

そして、『いい香りがする髪でいたい』という思いが強くなり、トリートメントを手放せなくなりました。

髪が、煙草や焼肉のにおいに…

大学時代、カフェに行くのが好きだったのですが…たまに喫煙ルームの近くに座ると、髪に煙草のにおいが残ってしまい、ずっと煙草の煙に包まれているかのような錯覚に落ちました。

そういう日は、帰宅後も煙草のにおいが離れなくて…すごく嫌だった記憶があります。

約肉を食べに行ったり、飲み会に参加した後も、髪からはいろんなにおいがしました。

『自分でこんなにクサイと思うってことは、周囲の人からもくさいって思われてるんだろうな…』『髪のにおいで行った場所がバレるのも嫌だな…』なんて思ったりもしていました。

カフェでは、髪から珈琲のにおいが…

ここ最近は、近所のカフェで1時間くらいブログを書いてたら、それだけで頭から珈琲のにおいがするんですよね。

いや、作業用に通ってる安いチェーン店だし、私は珈琲を飲んでないのに…ですよ?

まぁ、珈琲のにおいがすること自体は問題ないのですが…『あれ? 私の髪って、珈琲のにおいがこんなに残ってしまうほど、においが残りやすかったっけ?』と違和感を感じました。

さらに、そこまでにおいが残りやすいとなると、行動が制限されていってしまって嫌だなと…

それに、1日に何度も髪を洗わないとにおいが気になるような気がしてました。


もしかしたら、私が自分の髪のにおいを気にすすぎだっただけという可能性もありますよ。

でも、私の髪は、においが残りやすい状態だったんじゃないかな~とも思います。(良くも悪くも…)

においが移りにくくなった!

つい先日、いつも通りにカフェに行った帰り道。ふと、自分の髪の香りを感じました。

以前は、カフェから帰る時にはシャンプーのにおいがほぼ消えていて、珈琲のにおいがしていました。

…が、今回は、珈琲ではなく、ふんわりと香る髪(ラベンダー)の香りがしました。


【ヘナトリートメント×香る髪】でヘアするようになって、半月くらい。

髪ににおいが残りにくくなってるのを感じました。


まぁ、

香る髪(ハーブシャンプー)の香りは、合成シャンプーやアロマ系のシャンプーを使っていた時のようないい香りとは少し違うと思います。

以前のようにシャンプーらしい”いい香り”が強く残ってくれないのは、少し寂しいものがあります。

でも、ここ1年ほど、私はアミノ酸シャンプーを使ったり…アロマ系のさやしい香りのシャンプーを使うことが増え、昔のように、いい香りがする髪を目指したケアをしたり、”いい香りがする髪”という武器がなくても、自分にはいいところがあるのだと思えるようになりました。

なので、髪ににおいが残りにくくなったというのは、いい変化かもしれないなと思っています。


正直なところ、珈琲の香りにつ包まれているのも、煙草のにおいいがずっとするのも、苦手なんですよね。(珈琲はいい香りだけど、長時間はちょっと…)

なので、においが残りにくい(つきにくい)というのは嬉しい変化かなと思います。

あとは、約肉屋さんに行った時に、においが残りにくくなってたら、さらに嬉しいですね~。

髪ににおいが残りやすいのは、傷んでスカスカになってるから??

で、その人うちにいろいろと検索してみました。

すると、ある美容師さんの書いたブログで、「髪が痛んでスカスカになってると、においがつきやすい。ヘナをすると、スカスカになってる部分をヘナが補ってくれる(?)ので、においがつきにくくなる」…みたいなことを書いてありました。

(どのブログで読んだのかが思い出せなくて、ブログを見つけることができないので…もし見つけたら、後日添付します)


正直なところ、この美容師さんが書かれていた説明が正しいか否かは、私には判断できません。

ただ、もしも髪ににおいがつきやすい理由に、”髪が痛んでスカスカ”というのがあるなら…自分の中で納得できる部分もありました。


私は、小学生のころから、頭皮が荒れてしまったり、アホ毛が激しかったり…頭髪への悩みを持っていました。

中学生くらいから、頭皮は荒れにくくなってきたけど、アホ毛はずっと継続。

いろんな人に、「ちゃんと髪をとかしなよ」「ちゃんとクシ使いなよ」なんて言われたりしましたけど、いくらクシを使っても、アホ毛は収まりませんでした。

大学からは、様々なヘアケア商品を使ったり、美容師さんにも相談しましたが、アホ毛はそのまま…。

まだアホ毛はありますが…【ヘナ×香る髪】を使うようになってから、これでも、だいぶ減ったと思います。


また、初めて「シャンプーの香りがする」と言われたのは、高校1年の時。

実は、高校入学直前に、市販のカラー剤で、何度も何度も髪を染めなおしました。

なので、髪がめちゃくちゃ傷んでたんだと思います。

そして、『髪を直毛にしたい』という思いから、直毛にしてくれるらしきシャンプー・トリートメントを使ってみたり、自宅でストパーや縮毛矯正をしようとしたり…とにかく、髪を痛めることばかりしていました。

さらに、大学時代も、頻繁に髪を染め、数年後にはパーマもかけるようになりました。

ダメージが気になって、トリートメントをしたり、いろいろとこだわって手触りはいいような気がしていましたが…

今になって思うと、そんなケアだけで修復できる程度のダメージじゃなかったんだろうし…

そのヘアケアは、手触りがよくなって、髪の状態がよさそうには見えますが…根本的にな部分でダメージを修復できるようなケアではなかったんだろうなと思います。


まぁ、本当に髪が痛んでスカスカになってたことが原因で、におい移りしやすかったのかは謎のままですが…

『ちゃんとケアしてるし、私の髪は大丈夫』みたいに思ってたあの頃、『あぁ、私の髪は傷んでたんだろうな…』と、ヘアケアにある程度のこだわりを持ってた私には、グサグサと刺さるものがありました…w

そして、『『あ、においがつきにくくなったかも!』と思った自分の感覚が間違ってない可能性もあるんだな~』と思えたので、このまま【ヘナ×香る髪】を継続して、様子を見ていこうかなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です