【お知らせ】シャンプーの記事を移行してきました。元のブログはこちら。

【シャンプーと手荒れ】治らないんじゃないか? と不安は、過去からやってきたもの。

こんにちは、愛弓です。

先日、水仕事が続いたこともあり、手が荒れました。

アミノ酸シャンプーを使うようになってから、手がしっとり潤うようになっていたので…久しぶりの手荒れです。

だけど私は、『このまま手荒れが治らなっなったらどうしよう?』と過去を思い出して、すごく不安になりました。

トラウマ発動…みたいな感じかもしれません。

なので今回は、その時に考えていたことをいろいろと書いていこうと思います。


(シャンプーの影響で手が荒れやすくなってる人、頭皮トラブルが続いてしまってる人が、シャンプー選びについて考えるきっかけになったらいいなと思ったので、公開することにしました)

手が荒れたことでよみがえった、『治らないんじゃない?』という不安な気持ち

数日間、水仕事の多い日が続きました。

食器を洗ったり、日常的な水仕事なら問題ないのですが…

里芋の皮をむいてむいて、むきまくって…気づいたら、手が乾燥してボロボロになっていました。


全体的に乾燥し、左手のひらの一部と、指と指の間に水泡がたくさんできて、かゆみが出ました。

もちろん、『そんなの気にしすぎじゃない?』『そんなのすぐ治るでしょ!』と思う人もいると思います。

でも、水泡がたくさん出てきた時点で、過去の手荒れを思い出し、不安がおしよせてきました。


※※※

実は、大学時代にも手荒れに悩んだ時期があります。

大学生活4年間、病院に行っても治ることがなく、どんどん荒れていく手が、恥ずかしくてしょうがなかったんです。

『かゆくても、かいちゃいけない』と頭ではわかってるのに、気づけば触ってしまう。

長袖を着てるときは、袖で手を隠し。

自分の手が他の人の視界に入らないように、気をつかい、『気づかれてないかな?』とビクビクして過ごす日々でした。

「手、どうしたの?」「大丈夫?」と聞かれるたび、胸がグッと苦しくなるのをこらえながら、「ちょっと荒れちゃったみたいw」と笑って話をそらす日々。

『誰にも気づかれないように…』そればかりを願っていました。


当時は手荒れの原因もわからず、誰に相談すればいいのかもわかりませんでした。

病院でもダメ、薬剤師さんに相談してもダメ…

だれにも頼ることができなくて、ただただハンドクリームを買いあさるようになりましたね…


でも、大学卒業後にセラピストになると、1か月もしないうちに、手荒れは治りました。


でもたまに、たまにね、手が荒れるときがあるんですよね。

そのたびに『どうしてだろう?』と原因を探し、『あの頃のように、手荒れが治らなくなったらどうしよう?』と不安に思っていました。

手が荒れるたび、不安が止まらなくなりました。

シャンプーが手荒れの原因になってた可能性を考え始めた

今回も手が荒れた時、『このまま治らなかったらどうしよう?』と不安な気持ちが押し寄せてきました。

『最近、水仕事が多かったからかな?』

『里芋がいけなかったかな?』

『アレルギーとか…なんか変なもの食べたかな??』

『すぐ治るかな? …治らなかったらどうしよう』

頭の中で、いろんなことをグルグルと考えました。


翌日、『このまま悩んでてもしょうがないな…』と思って、お風呂に入った時、ハッとしました。

シャンプーをプッシュする時、手荒れがひどかった”左手の一部”に出そうとしました。

『危ない、危ない…』と手荒れのひどい部分を避けて、シャンプーを出しました。


髪を洗い始めると、指と指の間に泡が入り込むような状態でシャンプーしてることに気づきました。

特に、手荒れがひどく、水泡の多い場所をよく使ってるような気がしました。


『もしかして…手荒れの原因って、シャンプー??』と少し不安に感じましたが、

『成分がよくて、肌にも優しいものを使ってるし…』

『アミノ酸シャンプーだから、洗浄力は弱めなはずだし…』と言い聞かせようとしてる自分に気づきました。


そして、どんどん記憶がよみがえってきました。

思い出すほど、シャンプーが手荒れの原因の1つになってる気がした

私がシャンプーに興味を持ち始めたのは、大学入学前でした。

当時は成分へのこだわりはなく、手触りと香りでシャンプーを選んでしました。

当時使っていたのは、ラウレス硫酸Naを使った、洗浄力が強く安価な価格帯のシャンプー。


ゆっくりと頭皮のマッサージをするのが習慣になっていました。

気づけば、毎日60分間、シャワーを浴びるのが日課になっていました。

そのほとんどの時間は、シャンプー・トリートメントをしていたんだと思います。


あの頃のことを思い出すほど、『手荒れの原因がシャンプーだったのかも』という考えを否定することができなくなってきました。


※※

大学時代、ほんの数か月だけ、手荒れが落ち着き始めた時期がありました。

その時、あこがれ続けていたネイルを数日間使いました。すごく嬉しかったな。

考えてみると…

手荒れが治る数か月前からシャンプーに興味を持ち、肌に優しいものにこだわるようになっていました。

もしかすると…シャンプーの洗浄成分が”肌に優しいタイプのもの”に切り替えたおかげで、手荒れが落ち着いたのかもしれません。


セラピストになると、毎晩帰りは遅く、朝は急いでシャワーを浴びていました。

頭皮をマッサージしたりする余裕もなく、さっと洗う程度になったので、肌への負担がなくなていったのかもしれません。

そんな生活のおかげで、手が荒れにくくなった…という可能性もあります。


そんなことを考えていると、

『セラピストになってからも、手が荒れる時期というのは、シャンプーへの関心が強くなり、頭皮のマッサージを意識してた時期かもしれない…』なんて、まるで「手荒れの犯人は、シャンプーだ!」というかのような感覚になっていきました。

たまたま、最後のスイッチを押したのが、シャンプーだった

たぶん、手荒れの原因はシャンプーだけじゃありません。


セラピストだった頃は、オイルやアロマが肌に合わなくて、手が荒れていた時期もあります。

タオルの摩擦が原因になったことも、水仕事が原因になったことも…

でも、シャンプーが手荒れの原因の1つになってるという可能性は捨てきれないんですよね。


今回の場合も、そのアミノ酸シャンプーを使っていると、手は潤うような感覚がしていました。

長時間マッサージしてることもなく、基本的には泡パックしてるだけでした。

シャンプーだけが原因になってるわけじゃないんですよね、きっと。


だけどあの日、水仕事をして、里芋をむいて… 手が全体的に乾燥して、荒れやすい状態になっていたのは事実です。

そして、その状態の手でシャンプーを使い、その刺激が最後のスイッチを押した…

そう考えるのが自然なのかなとも思います。

たぶん今回は、たまたま、シャンプーが最後のスイッチを押したんだなって。

『手荒れの原因がシャンプーかもしれない』と受け入れたら、不安は消えた

『手荒れの原因がシャンプーにもあるのかな?』と思った時、すぐにそれを受け入れることはできませんでした。


誰よりも…ということはありませんが、若いころは、ヘアケアへのこだわりが、ものすごく強かったんです。

今でも、普通の人よりは、だいぶこだわりが強いんじゃないかなと思います。


…だからこそ、

『良い』と信じてやってきたことが”間違っていた”だなんて、受け入れられませんでした。

『いい香りのする、きれいな髪でいたい』と思って、時間もお金もかけてきたのに…

それが全部無駄だったなんて思いたくはなかった。


でもね、不思議なもので、過去を振り返って

『きっと、手荒れの原因はシャンプーにもあるんだな…』

『シャンプーの選び方には気をつけなきゃな…』って受け入はじめたら、気持ちがスーッと軽くなって、不安が消えていきました。

そして、『あぁ、すぐに治るんだろうな』って思いました。

(…とはいっても、心配なので、いちようミノンのシャンプーを注文しました)


実際に、その後、1・2日でひどくなってた手荒れは治りました。

手荒れが治らなかったのは過去の自分。今の自分じゃない

手荒れが治らなかったのは、過去の自分だったんですよね。

『どうしてだろう?』『どうしてだろう?』って、自分の手を悪者にして、自分を責めてたのかもしれないなって…

『どうしてだろう?』『どうしてだろう?』って、自分でも気づかないうちに、自分の心を追い込んでいたのかもしれないなって…


あの頃の私は自分に自信がなくて、自信を持てる要素を見つけることができなくて…だから、髪をほめられた時、自分の武器になるものを見つけました。

約10年前、当時使ってたシャンプーが合わなくなったことで、自分に合うシャンプーを探しました。

成分にも詳しくなって…

でも、香りや手触りという要素が捨てきれなくて…

他の誰よりも、良い香りで、手触りもよく、できれば低価格で…そんな風にシャンプーを探していました。


結局、10年前に『これを一生使っていこう』と落ち着いたシャンプーは、洗浄力がマイルドになったものの…

いい香りが長時間続くことを大切にして合成香料を、手触りをよくするためにシリコンの配合されたものを、髪に優しそうなキャッチコピーがある物を、インバストリートメント・アウトバストリートメントまでシリーズで使えるものを、ドラックストアやドン・キホーテでも買える低価格帯で…

私の中の基準は変わったようで…変えることのできないこともたくさんありました。


10年がたち、いろんな経験を重ねて…あの頃とは変わったものがたくさんあります。

”綺麗な髪”という武器を1つくらい失ったって、私にはたくさんのものがあります。

だから、あの頃よりも手放せるものは多いんだろうなって。


今だって、良い香りが長時間続いたらいいなって思う。だけど、合成香料を使った強い香りよりも、アロマの優しい香りが好きだし。

そりゃ、手触りがいい方がいいに決まってるよ。でも、シリコンが自分に合ってないことは知ってるし、ちょっとした癖や髪質を感じることのできる、コーティング感のない自分の髪も好きだなって。

髪に優しそうなキャッチコピーは魅力的だけど…そのキャッチコピーを信じるだけじゃなくて、ちゃんと成分も確認したいし。

コンディショナー、インバストリートメント、アウトバストリートメント…必要な時には使えばいいけど、必要のない時にまで塗りたくることはないなって。

低価格でいいものが買えるならありがたいけど…やっぱりいい成分を使ってるものは価格が上がってく。今の私は、シャンプーだけに3000円くらいかけてもいいかなって。


今の私は、

あの頃の私が『いいものなのはわかってるけど…』と捨てきれなかったたくさんのものを捨てて、その代わりに、自分の中でいくつもの基準ができた。

これは、シャンプーに対するイメージの問題じゃなくて、自分に対する自信、自己肯定感とか、自分の在り方とか…いろんなものが関係してるんじゃないかなって思う。

手荒れに対しても、何に対しても…過去の経験からやってきた不安は、過去のものなんだよね。

過去の自分と、今の自分は、きっと違っていて。

だから、今の自分が過去の自分と同じ道をたどるとは限らない。


手が荒れた。

たったそれだけのことで、『もう治らないんじゃないか?』『あの、つらかった日々が戻ってくるんじゃないか?』と不安になる必要はない。

だって、過去の自分と今の自分は、違うんだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です