【お知らせ】シャンプーの記事を移行してきました。元のブログはこちら。

人生初の湯シャンをしたら、塩素のにおいが気になった【塩素除去・浄水・シャワーヘッド】

こんにちは、愛弓です。

先日、人生初の”湯シャン”にチャレンジしてみました。


正直、湯シャンの存在は知っていても、自分が湯シャンするのにはすごく抵抗があったし、自分には無縁だと思っていました。

今回は、湯シャンに抵抗のあった私が『湯シャンしてみようかな~』と思うまでの話と、実際に湯シャンしてみて感じたことを書いていこうと思います。


ちなみに…私は、湯シャン推奨派でも何でもありません。

ただ、湯シャンを試したおかげで、塩素の存在が気になるようになり、このままアミノ酸シャンプーを使うとしても、水質について考えた方がいいなと思いました。

シャワーヘッドを変えるだけでも塩素除去・浄水機能が付いたものもありますし…なんか便利ですね。w

1年前は、皮脂が過剰で、”シャンプーを使わない”なんて考えられなかった。湯シャン無理!って

私が湯シャンの存在を知ったのは、中学1年の頃だったと思います。

同じバスケ部の女の子が、「シャンプーは週に1回。毎日シャンプーしてたらハゲるよ」と言っていて…めちゃくちゃ衝撃的でした。

『え⁉ 洗ってないの⁉』って、あの頃は、ドン引きでしたね。

まぁ、今考えてみると…お風呂には入ってる話はしていたので、湯シャンだったんじゃないかなと思います。


ここ数年、皮脂が過剰に出るようになって、シャンプーの回数が増えていました。

多い時期には、毎日3回はシャンプーしていたんだと思います。


「最近、自分でもシャンプーしすぎじゃないかなって思うんだよね~」なんて話をしたら、「お湯で流すだけでもいいんじゃない?」とアドバイスしてもらったのですが…

どうしても、”お湯だけで洗う”なんて考えられませんでした。私には絶対無理だなって。


『こんなに皮脂が多くなってるのに、お湯だけで過ごすなんて無理だよ』

『確かに、夜にお風呂に入って、朝はブローだけって人もいたけど…。ドライヤー後は、油っぽいにおいがしてたよ? やっぱ無理でしょ』

『「え⁉この人、頭くさくない⁉」なんて思われたくないもん』


自分でも、毎日2~3回のシャンプーはやりすぎだと思ってるんですよ。

『そのうち1回でもお湯だけで済むならいいな~』とは思いましたよ。

でも、いろいろ考えて…やっぱ無理でしたね。

それが、1年近く前のこと。

人生で初めて『湯シャンしてみようかな』と思えた。

洗浄力の弱いシャンプーを求めるようになり、このままいくと、いつか脱シャンプー(湯シャン)してしまう可能性も感じた

この1年間、いろんなシャンプーを使ってきました。

アロマ系のシャンプー、ノンシリコン系シャンプー、石鹸シャンプー、アミノ酸シャンプー…

いろんなシャンプーを使っていくうちに、自分の頭皮にはそこまで強い洗浄力のシャンプーが必要ないと感じるようになり、だんだんと頭皮の状況も変わってきました。

1日1回シャンプーすればじゅうぶんだし、なんなら『もしかしたら、2日に1回でも大丈夫なんじゃない?』と思うくらい、油分を感じない日もありました。


最近は、洗浄力がマイルドなアミノ酸シャンプーを使っていたのですが…

毎日使ってると、洗浄力が比較的弱いとされているアミノ酸シャンプーでも、洗浄力が強く感じてしまう日がありました。


『もっと、私に合うシャンプーはないのかな?』と探していくうちに、クリームシャンプーやハーブシャンプーというものにたどり着きました。

もう、泡立つタイプのシャンプーではないんですよね。

なんなら、『これをシャンプーと呼んでいいのかな?』と疑問に思ってしまい雰囲気。


特に最近気になっていたのは、”香る髪”というシャンプー。

インドハーブ…

たまに、ハーブというより、『カレー屋さんの人かな?』と思うようなスパイスっぽい香りをしてる人(外国の方が多いイメージ)がいます。

『もしも香る髪を使うことで、カレー屋さんみたいな香りに人になっちゃうなら…それは、さすがに抵抗があるかも…』と思い、購入をためらっていました。

(このブログを書いてるときには、購入済みなので、そのうちブログに書くと思います)


香る髪のコンセプト?の1つに、【使えば使うほど、必要がなくなるシャンプー】というのがあります。

『もしも香る髪を使うようになったら、私はさらに自分に合うものを求めて、いつか、湯シャンするようになるのかもしれないな~』とも思いました。

とはいえ、私にはまだ、湯シャンする宇雪がありませんでした。

だから『まだまだ遠い日のことだろうな…』と思ってたのが、つい先日のこと。


香る髪の購入はやめて、いつも通りアミノ酸シャンプーに戻しました。

マイルドな洗浄力、髪のしっとり感、優しいアロマの香り…少なくとも1年は、アミノ酸シャンプーのままでいいかなと思いました。

アミノ酸シャンプー×シャンプーブラシで、湯シャン御瞬間がやってきた

雑誌の付録についてきたシャンプーブラシ…

なんとなく使ってみると、頭がすっきりして、カチコチだった頭が緩んだような気がしました。

『あぁ、これいいかも~』と、シャンプーブラシを多用するようになり、頭皮がスッキリしてきました。


さらに、アミノ酸シャンプーに含まれていた油分で毛髪がしっとりするようになり、毎日補い続ける必要がないような気もしてきました。


ある日、シャンプーをつける前にお湯ですすいでいると、

『あれ? もしかしたら、シャンプーつけなくても大丈夫なんじゃない?』と思い、そのまま人生初の湯シャンにチャレンジすることになりました。


不思議なことに、今までは受け入れることのできなかった”湯シャン”が、人生で初めて、スムーズに受け入れられる瞬間が来たんです。

私がした湯シャンは、こんな感じ

”湯シャン”と言っても、しっかりした作法なわけではなく、感覚的なものでした。

入浴前にブラッシングし、お湯で洗いながらシャンプーブラシも使って、軽く頭皮をマッサージ。

『なんか良さそう♪』と思えたタイミングで、もう1度、お湯で流しておしまいです。


タオルドライすると、少し髪がきしむような気もしました。

でも、石鹸シャンプーを使った時のようなギシギシ感ではなく、少しきしむというか、キュキュってするくらい。

『まぁ、でも、シャンプーを使わない髪って、こんな感じなのかもな』って感じ。


ドライヤーで乾かすと、髪はサラサラになり、特に違和感はありませんでした。

もちろん、シャンプーやトリートメントを使った時のようなサラサラ感はありません。

でも、適度に髪のうねりや質感を感じるような…適度なサラサラ感です。


頭皮のにおいも気にならず、洗った後のスッキリ感もありました。


ちゃんと湯船につかって汗を流したり、毛穴を開いたわけでもなく…

毎日しっかりとケアしてる人からしたら、『そんなの湯シャンじゃない!』と思われてしまうかもしれないけど…。

これが、私の初めての湯シャンでした。


ちなみに…

毎日湯シャンだけというのは、個人的にはまだ、めちゃくちゃ不安です。

自分でも気づかないうちに、洗い残しがあったりして、頭が臭くなってたら嫌じゃないですか…。


基本的に、外出する日は、外出前・帰宅後の2回、シャワーを浴びたいんですよね。

今までは、『毎日2回もシャンプーする必要なんてないのに…』と思っていましたが、

2回お風呂に入る日に、そのうちの1回だけを湯シャンにできればいいかなと。それくらいの軽い気持ちです。(今のところ)

結局、毎日シャンプーすることに変わりはないので、汚くはないかなと…(^^;

湯シャンしたら、塩素のにおいが気になって、水質やシャワーヘッドについても考えた方がいいかもって思った

今まで感じなかった、アロマの香りを感じるようになった(なんか嬉しかった)

今回、湯シャンしてみて1番驚いたのは、香りでした。


いつもアミノ酸シャンプーを使っていても、あまりアロマの香りがしないような気がしていたのですが…

湯シャン後には、アロマの香りがしました。


『あぁ、あのシャンプー、ちゃんと香りがしてたんだ!』と。

それが、1番の驚きでした。


いつも使っていたアミノ酸シャンプー、実は『もう少し香りが残ってくれたらいいな~』とは、ずっと思っていました。

でも、本当は香りが残っていたんですよね。

余計なことをたくさんして、香りに気づけなくなっていたのは私自身でした。

もしかすると、シャンプーをしっかり流してるつもりでも、実は流しきれていないのかもしれないなと…そんな気もしました。

髪から塩素っぽいにおいがして…シャンプーだけじゃなくて水質も考えなきゃいけないと思った

もう1つ驚いたのは、乾いた髪から、塩素っぽいにおいがしたこと。


東京に引っ越してきてから、お風呂上りに肌が荒れるようになりました。

『お湯を沸かすと塩素くさい気もするし…肌荒れの原因ってこれなんじゃない?』と思っていた時期もありました。

でも、その考えは皮膚科の先生に否定されました。

神奈川も東京も、水道水に含まれる塩素の量は、ほぼ変わらない…のだそう。


食器を洗っても残るにおい、乾くと現れる白い何か(カルキ・塩素など)が食器についていて、お風呂場の床もそのままにすると真っ白になっていきます。

それでも、『気のせいだ、気のせいだ…』と見ないふりをしていました。


いつの間にか、塩素のことなんて忘れて、普通に過ごしていました。

肌が荒れるから薬を使う。それが私の日常になりました。

『このまま一生、薬を使い続けるのかな?』

不安が浮かんでは、それを否定し、不安が浮かんでは、否定し…その繰り返しです。


でも今回、湯シャンをしたら、髪の毛が塩素っぽいにおいがしました。

『今まではシャンプーのことばかり考えていたけど…。シャンプーだけじゃなくて、シャワーの水質のことも考えなきゃいけないな』と思いました。

自分の中で、ほんの少し、何かが変わり始めた気がしました。

気になるシャワーヘッドをいろいろメモ…

私には今、東京を離れる…という選択肢があります。だから、余計な買い物はしたくないんです、今は。

もしも、東京の水質があってないだけなら、東京を離れるだけで状況が変わる可能性だってあります。


でも、そう簡単に引っ越せない状況も多いし、引っ越し先の水質が自分に合ってるかもわかりません。

もしかしたら、引っ越し先でも、塩素のにおいが気になってしまう可能性もあります。

水質の合う環境を求めて引っ越し続けるわけにはいかないので…シンプルにシャワーヘッドの購入を考えた方がいいだろうなと思いました。

(私は…東京を離れてからかもだけど…)


今回は、塩素のにおいがするのが気になっているので、塩素除去や浄水機能のあるシャワーヘッドがいいなと思いました。

単純に塩素除去・浄水を考えるなら、シャワーヘッドの選択肢はめちゃくちゃ多そうですね。


ちょっとお値段は上がりますが…

塩素除去ができるだけじゃなくて、マイクロバブルなどの機能も付いていると、湯シャンにはよさそうな気もします。

汚れが落ちやすそうなイメージ…?

ミラブルのテレビCMでは、油性ペンも落としているので、汚れ落ちがよさそうなイメージはあります。

汚れ落ちのいいシャワーヘッドだと、湯シャンをするときにも安心かもしれませんね。


ちなみに…私は美容院に行くたび、炭酸泉を使ってもらっています。(2010年くらいから)


昔は、パーマ後に炭酸泉をしてもらった方が頭皮のスッキリ感もあるし、髪に手触りが柔らかく、軽くなるのが好きで、炭酸泉をお願いしていました。

最近はカットだけなのですが…やっぱり炭酸泉を使ってもらうと、スッキリ感が出るし、髪が柔らかくなるような気がして、好きです。

何だろう…余計な汚れを落としてもらってるような気分になるw


自宅用だと、こういうのなら試しやすいかも…


今までは、”どんなシャンプーを使うか”ばかり考えていました。

シャンプーを使わない…という選択肢はなかったんですよね。


でも、今回、湯シャンにトライしたことで、”どんな水を使うか”ということも大事なんだと思いました。

今後、湯シャンをすることになったとしても、そのままシャンプーを使うことになったとしても、水質(シャワーヘッド)については考えていきたいなと思いました。

私にはまだ湯シャンは早いけど…。水質のことを考えられたのはよかった。

今回、初めて湯シャンをしてみて、『お湯だけでも大丈夫かもしれないな~』とも思いました。

でも、私はまだ、湯シャンを続けていく気にはなれませんでした。


スッキリ感もあるし、においも気になりませんでした。

でも、自分で頭皮のにおいを直接かぐことはできないので…私にはまだ不安が残ります。

例えば1日に2回シャワーを浴びる日、1度だけを湯シャンにすることはあるかもしれません。

でも、湯シャンの後に人に会う勇気はありません。

なんとなく、『皮脂が残ってるところにドライヤーを使ってしまったら、油っぽいにおいがするのかもしれないな~』と、どこかの誰かがドライヤーをした後のことを思い出しました。

なので、私が湯シャンするとしたら、人に会わない時だけだと思います。

しかも、1日に2回シャワーを浴びる日の、1回だけ。かなり限定的です…w


とはいえ、湯シャンでも嫌な感じはなかったので、『香る髪などの泡立たないシャンプーも使ってみたいな』と思いました。

また、水質・シャワーヘッドについて考えることができたのは、大きな収穫かもしれないと思いました。

まだまだ湯シャンをメインにすることはないと思うけど…いい経験でした!

シャワーヘッドも…こうやって書いてるということは、そのうち帰るんだろうなと思います。w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です