【お知らせ】シャンプーの記事を移行してきました。元のブログはこちら。

効果効能・成分・誰かの情報ではなく、自分に合うシャンプー・使い方を選ぶ

こんにちは、愛弓です。

今まで使っていたシャンプーに違和感を感じて、シャンプージプシーモードに入ったのが、2019年3月ごろ。

気づけば、2年近くがたっていました。


初めの頃は、『シリコン系のコーティング感が苦手だな~』とか『本当はアロマの香りのシャンプーが好きなんだよな~』という軽い気持ちで始まったシャンプージプシー。

気づけば、シャンプーの成分や効能についても調べるようになっていました。

『自分の合うシャンプーは何だろう?』と探してるうちに、今まで使っていたシャンプーでは洗浄力が強すぎる可能性があったことや、シャンプーやトリートメントの使い方が間違っていたことにも気づきました。


『髪は、毎日洗うもの』とか『毎日トリートメントをしても、私の髪はダメダメで…』というのが、長年の思い込みだったことを感じたりもしました。

ここ最近は、ヘナ・ハーブシャンプーを使うようになり、頭皮の乾燥が気になる日や洗髪の必要がない日は湯シャンをするようにもなりました。

「頭皮や髪のためには、湯シャンがいいよ」なんて発信している方もいて…

そういう方の言葉を信じたりもしていました。


でも、ここ最近、美容院に行くのが恥ずかしくなってる自分に気づきました。

町を歩く時、近くに人がいる時、自分の髪のにおいが心配になってる自分に気づきました。

周囲の人が「においがしない」と言ってくれたところで、自分ではヘナのにおいが残ってるような気がして、人に会う時に堂々と目を合わせられなくなてる自分に気づきました。


シャンプー選びには、効果効能や成分も大切なのかもしれません。

特に肌が敏感な人や、頭皮・毛髪に悩みがある人は、シャンプー選びに迷うこともあると思います。効果効能や成分を大切にするのかもしれません。


でも私は、今現在、普通のシャンプーを使えないほど、肌が敏感なわけではありません。

ヘナを使うようになってから、なぜか白髪は増えたもの…まだ、そこまで気になってるわけでもありません。(たぶん)

だったら、『どうして、自分の気持ちを抑え込んで、使いたいものを我慢して、将来のためのヘアケアをしてるんだろう?』と、ふと疑問に思いました。


効果効能や成分を確認して、将来のためにシャンプーを選ぶことは大切だと思います。

でも、使いたいシャンプーを使わずに、別の悩みを抱えて、カラーやパーマを我慢して…

今の自分を楽しむことができない状態で、将来のことばかりを考える。

そんな自分に違和感を感じました。


今、自分に合わなおものを使うことで、将来悩みが増えるかもしれない、

『あの頃もっと、ちゃんとしておけば…』と後悔するかもしれない。

でも、健康状態もよく、悩まないままで済む人だっているし、もし悩みが生まれたところで、それを受け入れることのできる人もいる。

将来の不安よりも、もっと、今の自分の感覚を大事にしたいなと。

そんなことを思いました。

『将来のため…』と思って、居心地の悪い思いをするのは違うかなって

3月ごろから約9か月間、ヘナやハーブシャンプーを使うようになりました。

初めのうちは使用感もよく、気に入っていました。


でも、いつからか頭のてっぺんがぺったんこになるのが気になるようになりました。

しっとり感が強すぎて…頭を洗ったはずなのに、まるで洗ってないかのようにべたつく日もあって…外を歩くのが恥ずかしい日もありました。


髪の状態がよくない日は、髪を結んで…自分の好きな髪形にできないストレスがありました。

本当は、サラサラで柔らかい自分の髪が好きだったのに、太く硬くペタっとするような手触りになった気がして…自分の髪に自信が持てなくなりました。

『きっと、これが健康毛なんだ』と自分に言い聞かせながら、なんとなく、心の中で『う~ん…』とうなってる自分がいました。


『もしかしたら、髪を切ればもっとふんわりするんじゃ…』と期待を込めていった美容室。

なんだかすごく、恥ずかしい気持ちでいっぱいでした。

『普通のシャンプーを使いたい』

『トリートメントを使ったサラサラヘアーが好き』

それが、私の正直な気持ちでした。


美容室に行った後の髪は、すごくサラサラでまとまりがいいような気がして…『自分は何をやってるんだろうな?』と違和感を感じました。

同時に、美容室で使ってもらったシャンプーが合わなかったのか、かゆみ・フケが出て…『シャンプーを使うなら、ちゃんと自分に合うものを使わなきゃいけないな』と思いました。


  • 自分に合うシャンプー
  • 自分に合う使い方

この2つをちゃんと考えていきたいなと思いました。


幸いにも、今までいくつものシャンプーを使ってきました。

自分の中で、『また使いたいな~』と思えるシャンプーもいくつかあります。

ヘナやハーブシャンプーを使いながら、『自分に合う使い方って、こんな感じかな?』というイメージもあります。

効果効能・成分・誰かが「これがいい」と言ってたから…みたいな理由ではなくて、ちゃんと自分が『使いたい』と思える要素のある、自分にとっていいシャンプーを選んでいきたいなと思いました。

自分らしく堂々とできないヘアケアは、本当に必要なの?

ここ数か月、ヘナでトリートメントしています。

(気が向いた時だけなので…最近は2か月に1度くらいかも)

途中から白髪が増えてきたことに気づいたので、トリートメントのついでに白髪も染まっています。

そして何より、ヘナを使うと体や頭がゆるゆるっとリラックスできるような気がして、なんだか好きだったりします。


だけど実は、ヘナのにおいが苦手です。

『周囲の人に、「何このにおい?」って思われてないかな?』とか『「あの人の頭くさい!」って思われてたら嫌だな…』と思って、すごく不安になるから、ヘナのにおいが苦手です。


先日、ヘナした翌日に外出しなきゃいけない時があって…外出しました。

偶然出会った人と目が合った時、私はすごく居心地が悪くなって、目をそらせました。

相手の方は、ニコニコしてただけなのに…。


相手が何を思ってるかを考えるより、自分の不安が大きくなってしまったんです。

もしかして、頭がヘナくさいのかな?

『この人の頭くさい! こっちに来ないで!!』なんて思われてたら、どうしよう。

心のザワザワ感はどんどん大きくなり…私は下を向きました。

彼女たちから、目をそらしました。


きっと、ヘナをしたばかりでなければ、彼女たちに会釈をして、なんとなく話してたかもしれないなと思うんです。

ニコニコしてた彼女たちからの悪意を感じることはなく、どちらかというと『声をかけようとしてくれたんじゃないかな?』とも思うんです。

でも私は、ヘナのにおいが心配で…不安過ぎて、距離をとりました。

彼女たちからすれば、理由もわからず、ただ距離をとられるって、感じ悪いですよね…。

でも、私にはそれを考える余裕がなかったんです。


もしかしたら、髪は綺麗になるのかもしれない。

…だとしても、そのせいで自分に自信を持つこともできず、人目を避けて、堂々と前を向いていられない。

そんな状態でいることが、健全なんだろうか?

私は、それでいいんだろうか?


自分の中で、その違和感がどんどん大きくなってきました。

正直なところ、まだ「ヘナをやめる」と決断できていません。

でも、毎月のように『そろそろヘナしなきゃいけない時期だな~』と思うのは嫌だし、ヘナのタイミングに合わせて、自分のやりたいことを我慢しなきゃいけないのも嫌だなって思います。

だから、ヘナを続けるにしても、誰かがオススメしてくれるペースではなく、自分のペースで使いたいなって思いました。

後悔しないために、今の自分の感覚を大事にしたい。誰の意見でもなく、自分のためのシャンプー・使い方を選ぼう

20歳前後から、私はシャンプーが大好きです。

パーマをかけたり、カラーリングするのも大好きです。

ふんわり、柔らかさのあるサラサラヘアーが大好きです。


私は別に、流行にのれてなくてもいいんです。

ただ、自分の好きな手触りの髪があって、髪からふんわりシャンプーの香りがしてる。

それだけで安心感があるし、なんだか自分に自信が持てる気がするんです。


シャンプージプシーしたおかげで、シャンプーの使い方を見直すことができました。

使うシャンプーも見直して、シャンプーに何を求めたいのかも考えたりしました。

長年悩んでいた髪の悩みも軽減されたような気がします。

だから、シャンプージプシーしてよかったなって思います。


同時に、自分の髪の”好きだったところ”がなくなり、『将来のために、健康な頭皮・毛髪を…』と思いながら、自分の安心感・自身も喪失しかけていました。


もちろん、20歳前後の頃のように、自分に足りない自信をメイクやヘヤースタイルで満たそうとするような状態に戻るつもあるはありません。

でも、効果効能・成分・誰かの意見・世間の常識に左右されて、自分の気持ちを抑えるのは嫌だなと思いました。

『将来のため…』と先のことばかり考えて我慢するんじゃなくて、もっと、今の自分を楽しみたいなって。

もしもそれで後悔する時が来たとしても、その時々にやりたいことをやっていたら、そこに後悔は生まれないんじゃないかなって。


だから、『洗浄力の優しいシャンプーが正義』みたいな思い込みでもなく、

『ヘナやハーブシャンプーがいい』とか『頭皮のためいは湯シャンが最高!』みたいな誰かからの情報でもなく、

『化学物質は絶対ダメ』とか『天然成分なら絶対安心』みたいな思い込みでもなく、

『パーマやカラーリングは絶対ダメ!』みたいな縛りでもなく。

自分のバランスで、自分の好きなものを取り入れていきたいなと思います。

もちろん、肌荒れしそうなときは、それに合わせた使い方をしたり、使うものを買えたりもすると思いますが…


そんなわけで、約9か月間、ヘナ・ハーブシャンプー・湯シャンをしてきましたが…これからはまた、シャンプーも使ていこうかなと思います。


これは何となく思うことなんですけど…

後悔って、その時に『やりたい』と思ってた気持ちを抑え込んで我慢してたから生まれるんじゃないかなって。

私は若い頃、ものすごく髪を痛めた記憶があります。

でもそれは、その時に『どうしてもやりたい』と思ったことだし、そこから学ぶこともたくさんあったから、後悔はありません。

まぁ、『あんな髪が痛むことしなきゃよかったのにね~』とか『美容室選びはもっと慎重にすればよかったな~』と思うことがないと言えば、嘘になりますが…


でもね、もしもこのまま自分の『本当はこうしたい』って気持ちを抑えて、髪のせいで自分に自信を持てなくて、堂々とできない人生を送ることになったら…

たとえ将来、頭皮が健康で、髪がふさふさで頭皮・毛髪への悩みが皆無なおばあちゃんになったところで、『あの頃、もっと~しておけばよかった』という後悔が残ると思います。

だから私は、将来後悔しないためい、今の自分の感覚を大事にしたいなって思います。

もしも、『髪を痛めないために、カラーはやめよう』と思うのなら、それも今の自分の感覚です。

『でも、せめてパーマはかけたい』と思うのも、今の自分の感覚です。

そういう1つ1つの感覚を大切にして、自分に合うシャンプーや使い方、美容室とのかかわり方を選んでいきたいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です